2007年12月21日

28週後…

公式サイトUPされてましたな…

こちら

youtubeで拾って来たトレイラーです


おお、軍曹君は、『S.W.A.T.』のギャンブルを演じてた育った黒イライジャジェレミー・レナーなのですね。ちょっと良いよな彼。てかこういう男が好きなのだな私(笑)、あの状況でウィンク呉れる軍曹君にちょっと揺れた。

posted by radwynn at 15:14| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月05日

『ビューティフルメモリー』

carlyle-bm.jpg
 出演: ロバート・カーライル、マリサ・トメイ
 監督: ランドール・ミラー


カーライルさんの新作〜!
…って思ったら、なんと恋愛物?!うわー、なんか私、苦手そうです、これ(汗)

<「DVD NAVIGATOR」データベースより>
ロバート・カーライルとマリサ・トメイ共演による恋愛ドラマ。妻を亡くしたパン職人のフランクは、ある日、自動車事故で瀕死の男・スティーブに遭遇。フランクは彼が初恋の女性を訪ねる途中だったことを知り、代わりに彼女に会いに行くことを約束する。
<「Oricon」データベースより>
妻の自殺から立ち直れず闇の中に生きる男が偶然出逢ったきっかけから過去を解き放ち、ふたたび輝きを取り戻す姿を情感あふれる映像で綴ったビター&スウィートな大人の愛の物語。イギリスが誇る名優ロバート・カーライル、『ハード・オブ・ウーマン』のマリサ・トメイほか出演。

ダニー・デーヴィト、ショーン・アスティンも出演してますねー。演技巧者ぞろいではあるんだけれど、アメリカ映画で、果たしてどれだけカーライルさんの持ち味を描ききれているか…
誰かご覧になったらレヴューして下さいねー、多分私は観ないと思うので…

posted by radwynn at 17:35| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月27日

マクベス巡査DVD、近日発売!!

hm5.jpg 

待ってましたよ!長かったー!
ビデオテープが廃盤になって久しく、英国でDVD化の噂が出るも、なかなか現実せず。日本販売に至っては言わずもがな、な感じで、しかし待つことしか出来なかったこの日々。
DVD、日本発売8月の予定だそうですよー!
…しかしバラ売りはしてくれないんでしょうかね…BOX販売のみっぽい…まあどうせ全部購入するだろうからBOXの方が経済的ではあるんでしょうが…お財布具合がね…ちょっと…
posted by radwynn at 02:19| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月03日

届きました〜

昨日のステランさんに引き続き、お気に入り俳優さんの“届きました”が続きます。
カーライルさん主演の『デス・パズル』のDVDが届きました!

PCBE-52507.jpg
 忌まわしい記憶の欠片
    事件はまだ終わらない


深夜の幹線道路で起きた交通事故。自殺と推測された男の遺品にカセットテープを発見した刑事トム・モンロー(ロバート・カーライル)は、そこに奇妙な告白が録音されていることを知る。しかも、ガソリンスタンドの防犯カメラには、何かに怯え、車を離れるその男、パットの映像が映っていた。
1976年、スコットランドの海沿いの町、コーントン。大木の上に建てられた小屋の周囲で戯れる子供達。その中の一人、エイミーが何者かに殺害された事件は迷宮入りとなっていたが、30年を経てパットがアパートに残したのは、少年時代の彼やエイミーを含む、級友達の記念写真、新聞の切り抜き等だった。不可解なのは、写真の顔にマークされた者が次々と死亡している事実。刑事モンローは、捜査とともに、次第に異様な世界へと引きずり込まれて行く…

原題『Class of '76

カバーデザインは英国版の方がいいなあ…(って単にカーライルさんが大写しなだけなんだけどさ)
まだ観れていません…っていうか、観る時間在るのか。むしろカナダ持って行こうという。
しかし、スコットランドが舞台だけに、異様な世界、って言うのにすごく期待が膨らむんですが。


posted by radwynn at 11:08| 京都 | Comment(2) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月05日

『デス・パズル』

だーいぶ以前にご紹介した、『Class of '76』、邦題『デス・パズル』で、日本でも販売の運びとなったようです♪目出度い♪発売日はamazonによると5月2日だそうです。ちょっと先だけど。
画像のカーライルさんが河童に似ておると噂の本作品ですが(違)、本格派ミステリーのようです。…つってもスコットランドだし。『タガート』っぽいのかなー。もしくは『フィッツ』?
カーライルさんは警部役ですが、『マクベス巡査』のような不思議ちゃんではなさそうですな。
日本版のDVDカヴァーデザインはまだ決まっていないのでしょうか。英国と同じカーライルさんのドアップだと嬉しいんだけどなー。

posted by radwynn at 18:46| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月02日

ケン・ラッセル監督『キングズX』

■シネマトゥデイ
ケヴィン・スペイシー、ケン・ラッセル監督映画でロバート・カーライルと共演
ケヴィン・スペイシーとロバート・カーライルが、ケン・ラッセル監督がメガホンを取る『キングズX』(原題)で共演することが決まった。これは、誰もが金儲けに夢中になっている大都市の中心エリアを舞台にしたスリラー映画で、最近は女優や歌手として活躍しているモデルの「ツイッギー」ことツイッギー・ローソンと『キング・アーサー』のレイ・ウィンストンも出演する。


んー、この『キングズX』についての情報はまだ手元に無いんですが…
こんどこそ、日本公開な作品であってくれますように。
…『デッド・フィッシュ』はどこへ行ってしまったんだぁ〜(泣)ゲイリー・オールドマン×ロバート・カーライル、なんて、もう、観た過ぎるっちゅうのに…
あと、IMDbでは、『28日後…』の続編という『28週後…』のキャストに、カーライルさんの名前が上がってます。こちらはきっちり役名まで載ってる&ステイタスが撮影中、になってます。『28日後…』は日本公開されたんで、こっちも…とは思うんですが…。えーと、『28日後…』で主人公を演じたキリアン君の名前は、キャスト表には見当たりません、ということは、『28週後…』は、“もうひとつのエンディング”の続き、と考えた方がいいのかな。
posted by radwynn at 13:50| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月14日

HAPPY BIRTHDAY!

robertcarlyle01.jpg


あ、危なかったー、危うく誕生日をスルーしてしまうところだったよ(汗)覚えてたんだけど、PCに向かう時間が無かったんだよぅ〜
駆け込みで間に合った事にして貰おう、っていうかそうだ、イギリス時間で!まだ間に合う!よね(笑)
posted by radwynn at 21:20| 京都 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月09日

Class of '76

しまったまた罠にかかっちまった。
って言うよりそれはもう自分から罠にかかりに行ってる、としか思えませんが。
以前に紹介していた『デッド・フィッシュ』はどうやら公開が立ち消えになってヴィデオスルーの気配が濃厚?みたいなんでちょっとカーライルさん関連で検索かけてたら。
久々にカーライルさんの画像発見〜♪しかもかなり私好み〜♪
classof76.jpg
へー、なになに、去年のイギリスのTVドラマに主演してるのね、カーライルさん。ふーん、ミステリー/スリラーで、カーライルさんの演じるのはトム・モンロー警部、か…タイトルは『Class of '76』ね…

…しまったつい英Amazonで検索かけちまった!…DVD発売されてるよ!
ヤバい、DVDケースカバー、カーライルさんのドアップだよ(汗)
ヤバい(汗)、ストーリーライン読んだら面白そうだよ…(汗)

B000ANVNP8.jpg
Monroe - Class Of 76
自殺したと思われるパット・フィッシャーの調査を開始したトム・モンロー警部は、その死が、未解決のままになっている1976年のフィッシャーの学友の死に関係があるのではないかと突き止める。現在起こっている事件の謎を解決する為に、モンロー警部はまず過去の事件を掘り起こさなければならないのだった…

posted by radwynn at 21:33| 京都 | Comment(9) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月31日

Robert in Music Video

以前に、リス・エヴァンスさんがOASISのヴィデオ・クリップに登場してるってのを紹介したことがありますが。
なんと今度は、カーライルさんです!
OASISの「Little By Little」っていう曲のヴィデオ・クリップなんですが、リスさんの時と同じく、カーライルさんがメインキャラで、まるでショート・フィルムのような雰囲気です。ちょっとファンタジー入ってるし。都会のファンタジー。英国って場所ならなんとなくこんなフィルムも違和感無いかも。
助け起こされるカーライルさんがごっつ美人さんで困ってしまいます(お前が困ることは無い)


posted by radwynn at 18:46| 京都 🌁| Comment(4) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月12日

ちょっと情報不足

ロバート・カーライルとゲイリー・オールドマンの絡み(それは違うと思う)が観れるらしい『DEAD FISH』なる映画が、来年公開予定とな。

ヘラルド・オンラインのラインナップより。
デッド・フィッシュ(仮題)
DEAD FISH 製作年:2005年/製作国:イギリス

2006年ロードショー

ロンドンで遭遇した裏切り者、殺人犯、恋人たち−“人違い”と“報われない恋“をテーマに描くブラック・コメディ。イギリスを代表する個性派俳優G・オールドマンとR・カーライルの対決シーンは必見。

監督:
 チャーリー・スタッドラー

メインキャスト:
 ゲイリー・オールドマン
 ロバート・カーライル

該当ジャンル:
 ドラマ/コメディ

IMDb:Dead Fish

ってちょっとIMDbのキャストリストにテレンス・スタンプさんの名前があるんですけど〜!いったいどんな映画なんだ、情報求む。っていうか画像無さ過ぎ。
posted by radwynn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月16日

Robert Carlyle PHOTO

082.jpg

カーライルさんがあんまりにも美人さんなんで幾つか画像を拉致ってきちゃいました…
箱入りカーライルさんをぽちっとクリックして、箱の中身を御覧下さい。
あ、リンク先のページの「BACK」ボタンはカーライルさんの覚書ページに飛びますのでご注意。こっちには戻ってきません。

posted by radwynn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月14日

Robert Carlyle in ERAGON

■FLIX
ロバート・カーライル、注目のファンタジー映画で悪役に
081.jpg
ロバート・カーライルが、20世紀フォックスの注目のファンタジー映画『エラゴン』(原題)で悪役である闇の悪魔・ダーザ役に扮することが決まった。これは、世界36か国で出版され、全米では「ハリー・ポッター」を抜いて堂々の第1位となったクリストファー・パオリーニのベストセラー小説「エラゴン 遺志を継ぐ者―ドラゴンライダー1」の映画化で、物語は主人公のエラゴン少年がドラゴンと旅をして大陸を支配している皇帝と戦う正統派冒険ファンタジーだ。主人公エラゴン少年はオーディションで選ばれたエド・スペリーズが扮し、ジョン・マルコヴィッチとジェレミー・アイアンズ、『コンスタンティン』のジャイモン・フンスーも出演し、監督は『パーフェクト・ストーム』や『レモニー・スニケットの世にも不幸せな物語』で視覚効果を手掛けてきたステファン・ファングマイヤーが初メガホンを取る。

っていうかFLIXニュース見た瞬間記事の内容よりかカーライルさんの画像で心臓止まるかと思った。なんていうか、私的に、直撃。だー、もう、これだからグラスヴェジアンって奴ァ!
一応言っておきますが私別にこういうカーライルさんが好きというわけではなくてどっちかといやあキレてるときのほうが好きなくらいなんですが時々こういう顔する、というのがタマランのですよー!まったくもうトニーさんといいカーライルさんといい…(ガクリ)

<参考>
ソニーマガジンズ『ERAGON』
posted by radwynn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月17日

Robert Carlyle

053.jpg

Filmography
リフ・ラフ/Riff Raff(1990)
■置き去られた空間/Marooned(1994)(ストレンジ・ワールドに収録)
司祭/Priest(1994)
ゴー・ナウ/Go Now(1995)
マクベス巡査/Hamish Macbeth(1995-1997)(TV)
トレイン・スポッティング/Trainspotting(1996)
カルラの歌/Carla's Song(1996)
フル・モンティ/The Full Monty(1997)
フェイス/Face(1997)
フェローズ/Looking After JoJo(1998)(TV)
ラビナス/Ravenous(1999)
プランケット&マクレーン/Plunkett&Macleane(1999)
ワールド・イズ・ノット・イナフ/The World Is Not Enough(1999)
アンジェラの灰/Angera's Ashes(1999)
ザ・ビーチ/The Beach(2000)
リトル・ストライカー/There's Only One Jimmy Grimble(2000)
エンド・オブ・オール・ウォーズ/To End All Wars(2001)
ケミカル51/51st State(2002)
家族のかたち/Once Upon a Time in the Midlands(2002)
ヒットラー/Hitler: The Rise of Evil(2003)(TV)

Biography
1961年4月14日、スコットランド・グラスゴー生まれ。
4歳の時、母が彼の元を去ってからは、父と共にメリーヒル地区のコミューンに暮らす。ペンキ職人をしていた21歳の時、アーサー・ミラーの「クルーシブル」を読み、触発されて、グラスゴー・アート・センターで演技を学ぶ。(後に「学校で学べることは何も無かった」と語ってはいるが。)
1991年、4人の俳優と共に劇団レインドッグを設立。1999年、Order of British Empire叙勲。
メイクアップ・アーティストのアナスタシア・シャーリーと1997年に結婚(結婚式はスコットランドのスキボ城だった)、2002年、念願の子供(娘のアヴァ)を授かっている。
現在の住居はグラスゴー。

彼の育ったメリーヒル地区は、イギリスの人気刑事ドラマ『タガート』の舞台。彼もエピソード#14『無実の自主犯』にゲスト出演している。
スキボ城での結婚式には、『トレインスポッティング』で共演したユアン・マクレガー、アナスタシアさんとの出会いのきっかけを作ったロビー・コルトレーンなど、親しい仲間だけを招いて行われたとか。因みにこのお城、ユアン・マクレガー、マドンナとガイ・リッチー、など、有名人の挙式に人気のお城。
posted by radwynn at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年04月30日

ということで

突発的にロバート・カーライル祭りです。
ネット走り回って画像集めて来ました。Movieコーナーの彼のページに。
こんなの
ほとんど、1997〜現在のものだ思います。そんなに古いのはないと思う。あったらご免。だってあんまし顔変わってないんだもん、カーライルさん。
スキンヘッドのは、『007/ワールド・イズ・ノット・イナフ』でテロリスト役やった頃のだろうな。
この人も色んな顔持ってる人ですよね〜。
個人的には海のがお気に入り。あと煙草&ナイフのとか(笑)。
posted by radwynn at 00:00| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | +Robert Carlyle | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。