2007年03月27日

なにやってるんだか…

◆MSNスポーツ
サッカー=チェコ選手、敗戦後のパーティーで罰金
[プラハ 26日 ロイター] サッカーの2008年欧州選手権(ユーロ2008)予選のドイツ戦に敗れたチェコ代表の選手たちが試合後、翌朝までパーティーをやっていたとして、同国サッカー協会から罰金処分を受けたのが分かった。

 チェコは24日のユーロ2008予選のドイツ戦で1―2で競り負けた。しかし試合後、主将のトマーシュ・ロシツキーを含む選手たち数名が、フィオレンティーナ所属のDFトマーシュ・ウイファルシの29歳の誕生日を祝うため翌日の朝5時半位までパーティーを行っていたという。

 選手たちには、計100万コルナ(約560万円)の罰金処分。この騒動を聞いたブリュックナー監督は、辞任の言葉が頭をよぎったという。

2007年3月27日 12時41分 ロイター


敗戦後ってのがまた。癇に障ったんだろうねチェコのサッカー協会の。
つーかね、どうもこのパーティってのが所謂大人のパーティだったみたいでね。お商売の女性を呼んでたりしたらしいよ。
なにやってるんだかね、ロシってば、あーんな綺麗な彼女が居るのにねー。

posted by radwynn at 20:15| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

Arsenal vs Wigan Athletic 11/Feb.

73291037.jpg

ロシ、ゴール決めてます♪
警告も貰っちゃってるみたいだけど、後半39分に決定打となるゴール!





 
<アーセナル公式サイト記事>&Czech Republic's Player of the Year 2006 award
posted by radwynn at 23:58| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月09日

ロシ!2ゴール!

72940377.jpg 72940588.jpg liverpool06012007_4.jpg
FA Cup オープニングゲームで2ゴール!
おめでとー!

2本目のゴールは例の“針の穴を通す”ようなコースのシュートでした♪
やっぱアーセナルだと試合結果を日本のサッカー番組で観ることが出来るので嬉しいです〜
んでもってこの試合、リバプールとだったんで、クラウチ君も居ましたよ。ちゃんと1ゴール決めてたから偉い偉い。
72940368.jpg 72940398.jpg 72940425.jpg
ファン・ペルシと追っかけっこ(笑)

1本目


2本目


 
<アーセナル公式サイト記事>
posted by radwynn at 00:47| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

Arsenal v Watford

72167277.jpg 72167440.jpg 72167575.jpg

試合はアーセナルが勝ってますがロシはあんまりいいとこなかったみたいですね…
ワトフォードのトミー・スミスは↑のプレーで退場だったみたいです。

アーセナル公式サイトより抜粋
Arsenal 3-0 Watford

In the eighth minute, Dan Shittu scuffed a clearance to Rosicky on the edge of the area. The Czech midfielder arrowed in a cross-shot and Ben Foster dived to his right to parry. However Adebayor collected the ball on the corner of the six-yard area and sent in a swivelling shot. Foster kicked the ball off his line.
posted by radwynn at 11:38| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Rosicky@Euro2008

72146203.jpg 72146523.jpg

やっぱしおやじコラーと居ると楽しそうな気がするよ(笑)
どうやらアイルランド戦はコラーの1点だけで、引き分けたようですねー。

UEFA EURO2008 公式サイト

こちらはチェコのWEBTVでのロシのインタヴュー動画…ですが、何言ってるのかは全く判りません(チェコ語、なんだろうなきっと)途中で「かぴたん」って単語が聞こえるので、キャプテンになってどうこう、って話してるんだろうなあ…と想像。


P.S.
気になるニュース。
チェルシーのGKチェフが頭部負傷で入院=イングランド・サッカー
2006年10月15日(日) 10時30分 時事通信
【ロンドン14日時事】サッカーのイングランド・プレミアリーグで14日、チェルシーのチェコ代表GKチェフがレディング戦での接触プレーで頭部を打ち、大事を取って入院した。
チェフは開始早々の混戦で、相手選手の足が頭に当たって倒れた。チェフに代わって途中出場したイタリア人GKクディッチーニも終了間際に、同じく接触で頭を打ち、応急処置を受けた後、病院で治療を受けた。
チェルシーは18日にはバルセロナとの欧州チャンピオンズリーグを控えており、両GKの負傷で不安を残す形となった。

チェルシーはどうでもいい(ゑ)んですけど…あ、でも、チェコの次の試合は来年の3月だし、それまでには回復してるよね、ね?!大事を取って、ってことは、それほど深刻じゃないんだよね…
私、チェフも好きなんですよね…

追記:2006/10/18
REUTERS ロイター より
サッカー=頭蓋骨骨折のGKツェフ、術後に意識が戻る
[ロンドン 16日 ロイター] サッカーのイングランド・プレミアシップ、チェルシーは16日、先日リーグ戦で頭蓋骨骨折の重傷を負ったチェコ代表GKペトル・ツェフ(24)の意識が戻り、状態は改善しつつあると発表した。
チェルシーは声明で「手術や麻酔の影響もなくなり、彼の意識は完全に戻った。妻のマルチナさんやチーム、病院スタッフとの話も出来ており、面会も可能になった」と発表した。
ツェフは1―0で勝った14日のレディング戦で、レディングのMFハントのひざを頭部に受けて負傷。15日に手術を受けていた。
バックアップGKのクディチーニも試合終盤に負傷したが、16日には軽い練習を再開した。
18日に行われる欧州チャンピオンズリーグ(CL)1次リーグのバルセロナ戦では第3ゴールキーパー、ヒラリオがチェルシーでの初出場を果たす見通し。
posted by radwynn at 11:14| 京都 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月07日

Tomas Rosicky @ Arsenal

Tomas Rosicky Goal Arsenal VS HSV

チャンピオンリーグ第1戦、対ハンブルガーSV戦でのロシのシュート動画。
アナウンサーが「なんてぇゴールだ!信じられん!」って叫んでますが、ほんと、私が初めてロシを知ったあのワールドカップのシュートと同じ、なんてぇ所を通すんだ!ってぇシュートですわ…すげえな、ロシ…


Manchester United v Arsenal highlights from bbc motd

こちらは対マンチェスター・ユナイテッド戦。10分余りもあるよ…長いよ…。
ロシは途中で吹っ飛ばされてるのが右端に映ります、まー、モノの見事にころころ転がっとります(笑)相手選手はイエローカード貰ってます(笑)
posted by radwynn at 22:01| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月27日

アーセナル、シェフUに快勝

rosi23092006.jpgシェフィールド・ユナイテッド命のあのノーザンバスタードちゃんにはとーっても申し訳ないんですが、アーセナル、シェフUに3-0で快勝!
むしろ圧勝、だったそうです、観戦した方によると。
そしてロシも活躍したようですよ♪
アーセナルの1点目はロシのパスから生まれたようで、またそのゴールも素晴らしいものだったようです。
ロシ自身も、果敢にも1対1勝負を挑んで跳ね飛ばされてたそうです。相変わらずや…
でも写真を見る限り、かなり身体付きががっしりして来た様に見受けられます。もうシュニッツェルとか言われない?(笑)でもまだ弾き飛ばされてるんだよね、やっぱ体格的にはまだ小柄なんだねえ。…つうかまあ背はもう伸びないだろうしなぁ。…あんま横ばっか逞しくなるのもどうかと(笑)バランス考えてね(笑)
前の試合(ハンブルガーとの試合?)では、ロシ、華麗なシュート!で勝利に貢献!だったようで。(ワールドカップのアメリカ戦を彷彿とさせるシュート、だったそうです)
…あああああ、マジでアーセナルTVの契約しようかな…

posted by radwynn at 11:17| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月09日

ロシの近況

Arsenal.com
Rosicky returns as Wenger announces squad
There were no surprises when Arse`ne Wenger announced his squad for Tuesday's Champions League qualifier against Dinamo Zagreb.

As expected, Tomas Rosicky has been passed fit for the first leg and replaces Mark Randall. Otherwise, the same squad which made the trip to Alkmaar on Friday will travel to Croatia.

Wenger confirmed the list of absentees before boarding a flight for Zagreb on Monday afternoon.

"The players not involved are Jens Lehmann, Freddie Ljungberg, Thierry Henry, Ashley Cole, Gael Clichy, Philippe Senderos, Abou Diaby and Theo Walcott," said Wenger.

"Ashley Cole is not fit to play and I've known for a long time he would not be available for this game. He came back [from the World Cup] late and then he was sick. We do not play with players who are not at a certain level of preparation and Cole is at the moment at the level of Thierry Henry, maybe just a bit behind, so I would not play him.

"Tomas Rosicky will be on the bench. He has not played games so maybe I will play him for 30 minutes coming off the bench. He is physically fit but has not played games."

Lehmann is suspended for Tuesday's game after his red card in the Champions League Final against Barcelona. Manuel Almunia is expected to deputise.

The travelling squad is as follows:

Cesc Fabregas
Kolo Toure
Tomas Rosicky
Jose Antonio Reyes
Robin van Persie
Alexander Hleb
Mathieu Flamini
Alex Song
Pascal Cygan
Gilberto
Johan Djourou
Mart Poom
Manuel Almunia
Emmanuel Adebayor
Emmanuel Eboue
Jeremie Aliadiere
Justin Hoyte
Armand Traore

Dinamo Zagreb 0-3 Arsenal - Match report
Before this trickiest of European trips, Arse`ne Wenger was setting his sights at an achievable level. “We will try to win there but above all we just want not to damage our chances to qualify,” he said. “In two weeks we will be in much better shape than now.”

He need not have worried. Arsenal would appear to have one foot in the Champions League group stages after winning 3-0 at Dinamo Zagreb in the third qualification round first leg on Tuesday night.

Francesc Fabregas struck twice to celebrate his 100th appearance for the Club. That brace was sandwiched around a superb finish from Robin van Persie.

All the goals came in the second half just as Arsenal seemed to be running out of attacking ideas. Shorn of nine players and baring only five of the 11 who started the Champions League Final 12 weeks ago, they struggled to find their rhythm in the first half. However they kept their resolve and took the chances that came their way.

Barring a freak result at Emirates Stadium in the second leg on August 23, Arsenal are in the Champions League group stages for the ninth season in succession

The omission of Jose Antonio Reyes from the starting line-up caused more than a ripple of interest in the press box before kick-off. The Spanish striker had been linked with a move to Real Madrid in the build up to this game and, if the newspapers were to be believed, the Bernabeu side did not want him cup-tied in Europe. Debutant Tomas Rosicky took up Reyes’ normal role on the left flank with Justin Hoyte preferred to Mathieu Flamini directly behind him at full back.

Those were the only two changes from the 3-0 victory at AZ Alkmaar last Friday. That was the final game of a rushed pre-season campaign. Wenger had bemoaned his luck that Arsenal’s first ever foray into the qualifications stages of the Champions League had come directly after a World Cup. It has cost him Thierry Henry, Jens Lehmann, Ashley Cole and Theo Walcott, who were not match-fit. Freddie Ljungberg (ankle), Gael Clichy (foot), Philippe Senderos (shoulder), Abou Diaby (ankle) and Lauren (knee) had injuries.

The massed Blue ranks of the fanatical Dinamo support were in position at the Maksimir an hour before kick-off. They boomed out their songs with non-stop intensity and, just as they game started, unfurled a banner the length of one end imploring their team to exceed their achievement in 1967 ― winning the Fairs Cup. Three years after that Arsenal would lift the same trophy ― their first European prize. Their purisuit of the Continent’s top honour would begin at one of its most intense venues.

The opening was breathless and open. Van Persie wasted an excellent free-kick position by smashing the ball high over the bar. A minute later Araujo Doe Santos found a yard of space on the left and crossed for Luka Modric to hook his shot just wide of the near post. In the 16th minute, Van Persie’s dipping shot was parried at full length by the scurrying Ivan Turina.

The visitors were starting to play with the greater authority as Adebayor’s rasping drive demonstrated but Dinamo were breaking with pace when the opportunity arose. Two minutes before the Togolese striker whistled his rising shot past the post, Modric had darted into the area and prodded a shot just wide. Then Toure poked the ball away from Jasmin Agic as the substitute was looking to shoot with his first touch after replacing Davor Vigrinev.

Each side exchanged pot-shot and seven minutes before the interval Modric, Zagreb’s biggest threat, controlled a lofted pass from the left and rifled a shot inches wide.

But by now the game’s early edge had worn away. Both sides went into half time with much to ponder.

Four minutes after the break Marijan Buijat chipped a cross into the area and, although Agic timed his run into the area to perfection, his header was woeful. It was a bad, bad miss and Dinamo would be made to pay for it.

In the 63rd minute, Hleb pumped the ball forward to Van Persie who touched it on to Fabregas on the right and the 19-year-old cracked home a cross shot. The Arsenal players celebrated as if they knew it was an important goal, away strikes in Europe always are. But, given the circumstances, this was crucial.

Two minutes later, the tie was in Arsenal’s control. Hleb’s lofted pass sent Van Persie racing clear. The Dutchman held off his marker and steered a left foot shot past Turina’s groping left hand and into the far corner of the net.

Zagreb tried to respond immediately. Eduardo sprinted onto a punt forward and had a two-yard start on Djourou as the pair left the centre circle. By the time the Brazilian had entered shooting range he had been dispossessed by the improving Swiss defender. Excellent work.

In the 79th minute, Fabregas grabbed his second and Arsenal’s third. It was a superb individual strike that saw him ride two tackles and crash home another cross-shot into the far corner.

Van Persie nearly added another in injury time but his free-kick flew way over the bar.

posted by radwynn at 23:00| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

ロシ、プレミア・デヴュー

Mattersburgとの親善試合で、後半61分に交代して出場したようです。

Arsenal.com MATCH REPORT
SV Mattersburg vs Arsenal(1:2)

Tomas Rosicky made his Arsenal debut as Arse`ne Wenger’s side got their Austrian tour off to a winning start at SV Mattersburg on Tuesday night.

It was enough to see off a handy side who are looking forward to UEFA Cup football this season. Kolo Toure and the Emmanuels (Eboue and Adebayor) also played their first pre-season games after World Cup duty. But real story of the night revolved around Rosicky.

He did not do that much in his 29 minutes on the field but there were tell-tale signs of the class that saw Wenger prise him from Borussia Dortmund in late May.

In the 61st minutes, the changes came: Adebayor, Toure, Eboue and Rosicky for Aliadiere, Cygan, Hoyte, Randall.

The little Czech international immediately took up a position on the left-hand side of midfield. Hleb stayed on the right.



BBC SPORT Football
SV Mattersburg 1-2 Arsenal(25 July 2006)

rosicky060725.jpgCzech Republic star Tomas Rosicky made his debut for Arsenal on Tuesday in a 2-1 friendly win over SV Mattersburg.

Rosicky, who joined the Gunners from Borussia Dortmund before going to play in the World Cup, came on as a second-half substitute in Vienna.

He almost made a goal but Arturo Lupoli failed to make contact with his corner.

Jeremie Aliadiere and Justin Hoyte scored for Arsenal before Jurgen Patocka, who also hit the bar, pulled one back for the hosts.

Kolo Toure, Emmanuel Adebayor and Emmanuel Eboue all made their first appearances of the season for Arsenal, having also featured at the World Cup.


アーセナルがロシを獲得した時の記事↓
Arsenal secure Rosicky transfer(23 May 2006)

Arsenal have confirmed the signing of Tomas Rosicky from Borussia Dortmund for an undisclosed fee.
The Czech Republic international midfielder has arrived on a long-term contract for an undisclosed fee.

The 25-year-old said: "I'm really happy to be here at Arsenal, it is a great day for me. This is the best club in Europe and I will give everything."

He will join up with his new Gunners team-mates after the World Cup finals in Germany this summer.

He added: "The team showed their strength recently in the Champions League and have big potential with a lot of young players. I think we can be even better next season."

Gunners boss Arsene Wenger said: "We are delighted to welcome Tomas to our squad.

"He has great technique, skill on the ball and sharp passing.

"Tomas has good experience at all levels for club and country and we look forward to welcoming him to Arsenal after what will hopefully be a successful summer for him at the World Cup."

Rosicky, who has been a long-standing target of Spanish side Atletico Madrid, has scored 15 goals in 53 appearances for his country.

He cost Dortmund £18m - a Bundesliga record - when he arrived from Sparta Prague in 2001.


 UEFA Champions League Interview
posted by radwynn at 22:51| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

Rosicky in England!

アーセナルのユニフォーム着たロシの画像を拾って来ました。
rosi_arsenal01.jpg rosi_arsenal02.jpg rosi_arsenal03.jpg

赤のユニフォームって、チェコ代表のホームユニフォームも赤だから、そんなに違和感ないな。
ドルトムンドの黄色と黒のユニフォームよっか、私は好きかも(お前の問題じゃなかろう)
背番号は7、のようです。アーセナルの公式サイトの選手一覧で7がロシになってます。まだユニフォーム着た写真じゃなくて、なんかインタヴューの時の写真なの。早くちゃんとした写真に換えてあげてー(笑)一人だけ浮いてるからー(笑)
…んっ?っていうことはロシ、ロンドン在住になるのか!(今更気づくな)
うわ、ますますロンドン行きてぇ(笑)
ロンドンにはチェコ代表のゴールキーパー、チェフ君(チェルシー)が先達で暮らしてるんで、彼がロシのロンドン生活については面倒見るんだろう、という話です。いいなあ、仲間って(笑)
posted by radwynn at 21:43| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月20日

おっちゃんと僕

hanaさんちでイタリアの濃ゆーい友情を見て思い出しましたがロシ画像UPするってアオセさんに約束してたんだった(笑)
あんまり沢山あるんでテーマ別で(笑)
ということで今回は
おっちゃんと僕

71161888.jpg 52905071.jpg 52902184.jpg 52894895.jpg 52876090.jpg 52776042.jpg 52721748.jpg 52721357.jpg 52719577.jpg 52713393.jpg 52711372.jpg 52711371.jpg 52709518.jpg 52708458.jpg 52517796.jpg 52510631.jpg 52496676.jpg

…きりがない(笑) 今日はこの辺で勘弁したろ!(殴)
posted by radwynn at 10:49| 京都 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

兄貴!!!

感無量。
再びゴールの前で雄叫びを上げるカーン兄貴の姿を拝めるとは!
しかも!
Kahn01.jpg Kahn02.jpg
見よ!兄貴の腕にその誇りと闘志と決意の印、キャプテンマーク!

なんかねー、こう、カーンの腕にキャプテンマークのある限り、ドイツは負けません!とか、訳も無く思ってしまう、何かがあるよね、この男には。
Kahn06.jpg Kahn07.jpg Kahn05.jpg
パウレタのシュートをセーブする兄貴

そして期待されればきっちりそれに応える兄貴は本当に凄い選手だと思う訳です。

Kahn04.jpg
ドイツ、3-1でポルトガルを下し、W杯3位。
フィーゴと健闘を称え合う兄貴。
…兄貴、右手がなんかヤバいっす…(好きなんだこういう構図)


Kahn03.jpg
ありがとう、オリバー・カーン。


オリバー・カーン プロフィール (FIFA公式サイトより)
posted by radwynn at 10:42| 京都 ☁| Comment(9) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

ロシ、ごめん。

謝るよ。
私が間違ってた
日本のマスコミの言うことを真に受けた私が馬鹿だったんだ。
君は君の成すべきことを、全力で成していたんだ、あの逆境の中で。

気がついたのは、とある場所で、とある記事を読んだのがきっかけでした。
時事通信社から配信された無記名の記事。それは、今W杯で‘こんなはずではなかった’選手たちについて書かれたものでした。主に、‘ストライカー’と言われる選手達、を取り上げて、その記事は、批判的、な論調で、書かれていました。
私はサッカーについてよく知りませんが、この記事に対して一斉に上がった、批判のトラックバックに依れば、「世界の檜舞台で、自らが満足できる成績を残せる選手が、果たして何人居るだろうか?むしろほぼ総ての選手が、自ら“こんなはずではなかった”と思っているはずだ」「FWが点を入れられないからといってそれをすなわち‘不振’とするのはどうか。むしろ、相手方のDFが素晴らしかった、という見方も出来るだろう」等々…殆どのブロガーの皆さんが、「この記事を書いた人間はおそらくサッカーというものを知らない」「この記事が掲載されること自体が、日本の報道陣のサッカーに対する見識の低さに他ならない」と、嘆きとも諦めともつかないため息を漏らしていた様に見受けられました。
実際どうなのかは、定かではありません。が、上記の記事の一文を読んで、私も思いました。この記事を書いた人は、きちんと試合を見ていないんじゃないか?と。
「33歳でW杯初舞台を踏んだチェコのネドベドは、ピークを過ぎていた。3年前に欧州最優秀選手に選ばれたころの輝きがなかった。」
…最終のイタリア戦でのネドヴェドを見て、こんな文章が書ける人が、居るとは思えませんでした。あの時、あのスタジアムに居た総ての観客が、ネドヴェドに対して惜しみない拍手を贈っていた、と思いましたし、ライブチャットに居た方々は全員がネドヴェドを賞賛していました。それ程、あの時のネドヴェドは素晴らしかった、のだと思います。サッカーについてほぼ白紙状態の私でさえ、感動する程の何かを、ネドヴェドは確かに放っていた、と。

…それよりなにより。これもトラックバックのブロガーさんたちの記事を読んで気づいたことですが。
「ネドヴェドは“ストライカー”じゃないよ」
そうだった!ネドヴェドは、MFですよ!そりゃ確かに、何時でも何処でもボールに絡んで、時にはミドルからのとんでもないシュートも決めてしまうけれども。
彼の“本業”は、ピッチの全体を見渡し、ゲームをコントロールし、そして前で待ってるFWに最高のタイミングで、ボールを渡すこと、ですよ。
同じことが、ロシツキにも言える、ということに、この時、気がついた。
アメリカ戦での2本のシュートがあまりにも鮮烈だったために、また彼が“攻撃的MF”として紹介されているがために、日本のマスコミは、続く試合でのロシツキを、「動きが悪い」「消極的だ」と批判したんだろう。
あちこち探しまわって、ロシツキのファンサイトさんで、実際にイタリア戦を観戦して来た方の書き込みを読むことが出来ました。
コラーというFWを欠き、また途中でMFも一人退場、という状況の中で、果敢にボールに絡むネドヴェドとのバランスを取る様に、ロシは、終止中〜後ろよりに位置し、何度もイタリアの攻撃を未然に防ぎ、また彼の本来の得意技である神業とも言えるパスで、FWへボールを送り出していたそうです(驚いたことに、ロシはドリブルでボールを運ぶよりパスの得意な選手なんだそうです。…あんな軽やかで凄まじいスピードのドリブルするのに…)。
ボールを受け取るやいなや瞬時に判断して適切な位置に正確なパスを送る。それが彼の本質であって、本人曰くの通り「僕は優れたストライカーではない」のである。
前に出てこないから、と言って、それは「消極的」なんじゃない。己の本来の仕事を的確に行っていたのだ。かなりに厳しい状況の中で。
必死の思いだっただろうなあ…
ごめん、ロシ。ゴールだけがサッカーの醍醐味であるかの様に扱う日本のマスコミに踊らされた私が悪かった。
71271792.jpg
posted by radwynn at 18:58| 京都 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

お、おやじ!?

おやじコラー、かっこええ!?
52535115.jpg

これは何方かがコーディネートしたんですかね?それとも自前ですか?そうだとしたらおやじコラーって実はお洒落さんなんじゃないんでしょうか?!(すまんファッションセンスが無いんでこれがどうなのかの判断は今ひとつ自信がないんだ。とりあえず私は好きだ、こういうの)
ちょっとジェンソン・ステイサム系の役者に成れそうよ、おやじコラー(笑)

でもって普段は眼鏡ってのが微妙にくすぐられるー(笑)
71219590.jpg 50946728.jpg

…つーか、チェコの皆さん…なんか雰囲気が堅気じゃねえよ(笑)
あっ、今気がついたんだけど、ネドヴェド(真ん中のサングラス)ってなんとなくドムに似てない?!あっ、んでもって、ウイファルシ(左から2番目)、微妙にカール君に似てる?(笑)
…今年はネクタイ着用だったんすねチェコの皆さん(笑)71144854.jpg
やっぱ↑みたいになったら世間体がよくない。って判断なんでしょうか(笑)
しかしおっさんコラー、
黙って新聞読んでるところなんざ50946368.jpg
まさかこんなお下品なマネをするヤツだとは思えませんが(笑)。そこが好きだけどな。
51002137.jpg 51002414.jpg



おまけ。
お座りロシ君。
52897328.jpg
posted by radwynn at 16:44| 京都 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月24日

なんなんだろうなぁこれは

イングランドFWの元気な骸骨ことPeter Crouch君。

petercrouch01.jpg petercrouch02.jpg petercrouch03.jpg petercrouch04.jpg petercrouch05.jpg petercrouch06.jpg petercrouch07.jpg petercrouch08.jpg petercrouch09.jpg petercrouch10.jpg petercrouch11.jpg petercrouch12.jpg petercrouch13.jpg petercrouch14.jpg petercrouch15.jpg petercrouch16.jpg petercrouch17.jpg petercrouch18.jpg petercrouch19.jpg petercrouch20.jpg petercrouch21.jpg petercrouch22.jpg

…現在日本でこんだけ一気にクラウチ君の画像をUPしてる女性のブログはここだけだと思うよ…
しかしキャラ立ってるよなあ!(笑)なんなんだろうなぁ、なんか不思議な生き物だ(笑)

ヨーロッパ地区予選(?っていうの?)のハンガリー戦でゴールを決めるクラウチ君
…及びロボットダンスを披露するクラウチ君(笑)の動画↓。BBCスポーツの映像のようですね。


…相方がね、「他人とは思えない」っつってね…応援することにしました(笑)
posted by radwynn at 15:05| 京都 | Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月23日

でもやっぱり

…可愛いもんは可愛い。
rosi08.jpg rosi09.jpg
rosi12.jpg rosi11.jpg


you tube <Tomas Rosicky>


P.S.
い、今更の様に気づいたんだが…手だ…orz…
やっぱり手に弱いんだ私…
ロシの手、すっげー好みなんだよ…
あと、長袖が手の甲まで被さってる、とか、そういうの…

トーマシュ・ロシツキー プロフィール(FIFA公式サイト選手名鑑より)
posted by radwynn at 22:49| 京都 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

終わっ…ってないけどね。

チェコ、散る。
ロシは最終戦良いとこなし、っていうか…ネドヴェド孤軍奮闘、な感が拭えない。というかそうだった。ロシ、君は…もしかしたら、最終戦の敗因は、君かもしれない、よ?コラーが居なくたって、もっと頑張れた、んじゃないかな?
どうも彼はムラの多い選手らしいのですよ。なんで、在籍していたドルトムンドでも、評価は真っ二つ、なんだそうです。絶好調の時は、正に天才なんだけど…という。
しかし今回、ネドヴェドを見てて思った。ロシ、やっぱりもうちょっと精神的に成長しないとダメだよ。あんなんじゃ、才能がもったいないよ。もっともっと‘魅せ’てよ、君の真価を。
ロシも、ネドヴェドっていう、感動を呼ぶプレイの出来る選手と共に闘ったこのW杯で、きっと何かは感じた、と思いたい。
これからチェコを引っ張って行くのは彼ら若い世代なんだよね。コラーも多分次のW杯には出ないだろうし。ネドヴェドもコラーも居ないチェコなんて、って言われるんじゃなくて、ロシツキーの居るチェコ、って言われて欲しいなあ。
まあ、別にこれでもう彼らの勇姿が見えない、って訳じゃないし。ロシはアーセナルだから、きっと日本で情報を拾うことも出来るだろうと思うしね。
ロシ、アーセナルにはコラーは居ないんだぞ。おやじコラーが居なくても頑張らなきゃダメなんだぞ?判ってるの?
あー、それにしても、試合後にイタリア勢と抱き合うネドヴェドには泣けたー。ネドヴェドは現在ユベントスに在籍してるんで、彼の最後の試合は、朋友との戦いだったんですよね。皆が、よくやった!って感じでネドヴェドを抱きしめてるのがあまりにも美しかった。本当に、ネドヴェドって選手は、賞賛に値する選手なんだろうなあ。あまりにも僅かな時間しか彼を知らない私でさえ、心を動かされたんだから。
試合中のFIFA公式サイトのライブチャットを覗いてたんですけど、終了後、チャットに参加していたほぼ全員が、ネドヴェドに賞賛と感謝の言葉を贈っていたのが印象的。あと、イタリアを応援してた方が「イタリアが勝って嬉しくないのははじめてだー!」と叫んでらして。
スポーツ、というものの、存在意義を、ちょこっと感じた様な気がしました。
日本は元々応援してなかったからどうでも良いんだけど、日本も負けちゃったし、これで私の中ではW杯は終わった…
…あっ、でも、ドイツのベンチにはカーンが座ってるし!
Kahn2006.jpg

イングランドも一応、応援するし。
FWの‘元気な骸骨’君が妙に気になる(笑)
petercrouch.jpg

ま、日本国内の馬鹿騒ぎもこれで治まるでしょうしねー。
posted by radwynn at 16:30| 京都 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月15日

もっとロシ&コラ

勝手に略すな↑
えー、誰が観てなくても私が楽しいのでどんどんいっちゃいます。俄ファンはこれだから(笑)
前回に引き続き、W杯チェコチームの可愛コちゃんトーマシュ・ロシツキと巨漢ヤン・コレルの特集です(勝手に特集するな)。
ところでコレルなのコラーなの?コラーの方が彼っぽいんだけど(笑)

まずはYahoo!nニュースサイト2006FIFAワールドカップ(TM)写真特集から漁って来ちゃった画像から。こちらのサイト、総ての試合の詳細な画像が閲覧できるんですよ!すげえ。(だからって漁って来ていいのか?)(さあ?)

チェコvsアメリカの試合から。

最もお気に入りの一枚がこれ。
rosi200601.jpg
アメリカ選手の股抜きを狙うロシ坊や。にや、と不敵に含んだ口元の笑みが!

rosi200602.jpg rosi200603.jpg rosi200604.jpg
1試合2ゴールの活躍を見せたロシ。狙い所がむちゃくちゃ絶妙。
というか、そんなとこ通るかー!?ってぇ所を通しちゃうのはすげえ。

喜びを分かち合う。
rosi200605.jpg rosi200607.jpg

ええ?!
rosi200608.jpg
おいおい坊や、その身長で空中戦は無謀だろ?!

と思ったらですね、この22番のアメリカ選手(たしかオニェウとかいう人)、前半ずっとコラーと競り合ってたんですねー。前半終了間際、コラーは負傷退場。仇討ちのつもりか、ロシ!(笑)

おっさんヤン・コラー(コレルっていうよりコラー)
kol200605.jpg kol200601.jpg
こういう人って、彼が居る、ってだけで安心できるよなー(笑)

激しいチャージを受けるおやじコラー
kol200604.jpg
こいつこいつ、後でロシが空中戦挑んでたヤツ(笑)
コラーと競り合えるんだから高さではロシには無理だって(笑)

気になる1枚。
kol200602.jpg
おやじコラーの右手…ほ、放送禁止?!(笑)

おまけ。
2002、ドイツ・ブンデスリーガでドルトムンド優勝!
祝賀会での、ロシとコラーの2ショット。
rosikol12.jpg rosikol11.jpg
右:ロシ、泣いちゃった。おやじコラーももらい泣き寸前。

おまけ2
ロシはどこのチームでも誰よりもちまい訳で、必然的に誰にでも飛びついちゃう訳ですが
rosi05.jpg rosi06.jpg rosi07.jpg

でもやっぱり泣くのはコラーんとこ行って泣くんだね
rosikol13.jpg
posted by radwynn at 15:39| 京都 ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月14日

W杯っていうかチェコ

サッカー(フットボールって言えってか)はねー、ルール判んないけどまあボール蹴ってる人応援してりゃ間違いないっしょ?あとアナウンサーがゴーーーーーーーール!って叫んだら一緒に喜べばいいの?
ってスタンスなんですが私のサッカー鑑賞。いや、嫌いじゃないのよ、基本的に、サッカーとバスケットボールは格闘技の枠に入れても良いんじゃないか、って思うくらいのもんで(判り難いなぁ。それはサッカー≒格闘技=好き、ってことなのか?)(まあね)
が。
先日、煎れたコーヒーを自室に持って行こうと、TVでW杯ニュースチェック中の相方の後ろを通り、ほー、そーいや日本負けたんだってねー、などと相方を抉りつつ立ち止まってコーヒーを啜っておりましたところ。
思いがけずハートを鷲掴まれてしまいましたよ!
誰にってチェコチームに。
いやもうなんというか全体的に可愛い人が多いんですがチェコチーム。中でもなんだこいつ!と目が釘付けになってしまったのが
rosi03.jpgこの坊やとkoller01.jpgこのオヤジ
rosi04.jpg坊やはユニフォームの中で泳いでないかい?

坊やの名前はTomas Rosicky(トーマシュ・ロシツキ)、チェコの若き天才MF。
オヤジの名前はJan Koller(ヤン・コレル)、チェコの誇る2mオーバーの巨大FW。
そんな2人は大の仲良しさん、なんだそーだ。
どのくらい仲良しさんかというとこのくらい。
rosikol01.jpg rosikol02.jpg rosikol03.jpg
ロシツキ175cm、コレル202cm。身長差約30cm。
もう一度言いますがロシツキがMF。こんなにでかいけどコレルがFW。
コレルがゴールを決めると、ロシツキも大喜び。
rosikol04.jpg rosikol05.jpg rosikol06.jpg
相手チームの選手の「あんたらいいかげんにしてよね」って顔がいいっすね(違)
rosikol07.jpg rosikol08.jpg
…むしろお前ら喜び過ぎ…てーか…か、可愛い(低音)
この2人、何かを思い出させる、と思ったら、『アップルシード』のデュナンとブリアレオスだ…(笑)

あ、因に、上の黄と黒のユニフォームの画像は、ドイツのボルシア・ドルトムントのです。ここでもロシツキとコレルは一緒なんだそーで。
…って、なんかロシツキは今年でドルトムンドとの契約が切れて、来年から…なんと!アーセナルに移籍決定だそうですよ!こんなんが英国に来るんすか!…いっそコレルも一緒に来いよ…
rosikol09.jpg
プライベートでも仲良いそうです。だから坊やはスーツの中で泳いでるってば。
(2002年の画像だそうです)

おまけ
rosi01.jpg rosi02.jpg rosikol10.jpg
posted by radwynn at 11:01| 京都 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Football | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。