2007年04月15日

食い倒れの土曜日

ほんとに倒れてたよ…

義姉家+我が家+祖母(−相方)=総勢大人6人子供2人、春の食い倒れツアー開催!

…すんません今勝手に言いました<春の食い倒れツアー
でもほんとにそんな感じだった(笑)

昼前に我が家に集合して、一路、山崎は離宮八幡宮にある、天ぷらの老舗、三笑亭へ。
お目当ては、今が旬の筍(竹かんむりに旬、ってくらいだ)を使った“筍御前”。
筍、って、こっちに越して来るまで、あんまり美味しいと思わなかったんですが、流石は日本有数の筍の名産地、今ではこの時期に筍を食べないことが考えられない程です。
お店の二階は、ほんとに昔のおばあちゃんちのお二階、のような素朴なお座敷で、家族揃ってお膳を囲んでいるとなんだかとっても和みます。それでいてお料理は朝堀筍のお刺身など、こちらならではのお皿が並んで、仲居さんがかいがいしく世話してくれるのですから、主婦には嬉しい限りです。
お昼を済ませて外に出ると、昨日の夜の暴風雨が嘘のようないい天気、これはちょっとお出かけせねばもったいない、ということで、お茶の時間もかねて、松尾園芸へ向かうことに。
いつもは171号線を使っているのですが、義姉家の新車に搭載されたナビゲーションシステムの言うことには、旧街道である西国街道を通るほうが断然早い、とのこと。んじゃ、せっかくだし、あんまり通ったことの無い西国街道ドライブ、と行きますか!と、8人乗りステップワゴンを発車させる。
…西国街道は狭いんじゃよ…(苦笑)
古い街並を残す昔ながらの道はそれなりに趣きがありましたが。義兄さん、運転ご苦労様でした(苦笑)
さてナビの言うことに嘘はなかったようで、思ったより早く到着した松尾園芸、ここの喫茶室ログハウスは週末はいつも満員で、まずはウェイティングリストに名前を書いて、店内をうろうろと歩き回ります。…そして、罠に嵌まります(笑)
ご他聞に漏れず今回も、皆いろいろと鉢を抱えて、テーブルに着くことに(笑)「だってこの色の薔薇、珍しいでしょうー」とは、紫色のミニ薔薇を抱えた義理姉。ほんとにそうなの、綺麗な薄紫、シックなアンティークっぽい雰囲気の薔薇でした。
大人はコーヒーを、子供は季節のイチゴジュースに、ここの目玉は、「ワッフル!」。プレーン、シナモン、バナナキャラメルを選んで、皆で分け合いました。満足ー。天気が良かったのでログハウス内の席ではなくて、デッキスペースで食べたのですが、空は高いし、ちょっと目を移せば店頭に並んだ色とりどりのお花。いい気分だった〜。…ちと風が強かったですけどね(笑)
さて、松尾園芸で思う様罠に嵌まり(笑)、その後一路我が家へ。

本日の夕食は、姪っ子のリクエスト。
メニューは

※前菜:スモークサーモンのハーブマリネ
※主菜:シェパーズ・パイ、フライド・チキン
※副菜:グリーンサラダ
全部超簡単なのです(笑)こういうメニューは大人数の時に便利ですね。

そして〆は、白ご飯に梅干しと塩昆布をのっけて熱ーいお湯を注いだお茶漬け(茶じゃないけど)。やっぱり日本人だねー、これが一番美味しいねえー、などと言いつつ、皆で昆布の出汁の出た梅昆布湯を啜る(笑)

実はチョコレートブラウニーも焼いたんですが、とてもじゃないけど食べきれない、ということで、お土産で皆に持って帰ってもらうことに。
ホールを半分に切った片割れが、カウンターテーブルで良い匂いを漂わせてます(笑)相方(東京行脚中)が帰って来るまで在るかなあ…
posted by radwynn at 11:29| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。