2012年07月25日

『SHERLOCK』/「The Great Game」女主人の告白〜計画書の行方〜深夜のプールサイド

BBC制作の『SHERLOCK』をイギリス版英語字幕で鑑賞中。
第3話「The Great Game」からジョンとシャーロックの会話を中心にトンデモ異訳と所見メモ。
※独断と偏見と英語能力不足、及びがっつりネタばれなのでご注意くださいm(_ _)m


女主人の告白〜計画書の行方〜深夜のプールサイド

<女主人の告白>
S : You know, it's interesting. Bohemian stationery, an assassin named after a Prague legend, and you, Miss Wenceslas. This whole case has a distinctly Czech feeling about it. Is that where this leads?
  さて、これは興味深い。ボヘミア製の封筒、プラハの伝説に因む名の暗殺者、そして、貴女だ、ウィンセスラスさん。一連の事件は全て明らかにチェコを匂わせている。結論はそこなんですか?

・ついでに云うならセムテックスもチェコで開発されてるんだけど、まあアレは世界中で使われてるから特に挙げることもないか…

S : What are we looking at, Inspector?
  我々は何を検討中だったかな、警部?
L : Well, criminal conspiracy, fraud, accessory after the fact, at the very least. The murder of the old woman, all the people in the flat…
  あー、犯罪共謀、詐欺、事後共犯、だ、少なくとも。あの老婦人の殺害、及びあのフラットの全員の…
W : I didn't know anything about that. All those things, please, believe me.
  何も知らなかったのよ!そのことについては何も。お願い、信じてちょうだい

・レストレードに軽く頷くシャーロックが、5年も一緒にやってるっていう連帯感を匂わせていい感じ

W : I just wanted my share. The 30 million.
  私は自分の取り分が欲しかっただけよ。あの3千万ポンド。
(ふたりを見詰めて、観念したのか…)
W : I found a little old man in Argentina. A genius - I mean, really. Brushwork, immaculate. Could fool anyone.
  (ため息をついて)アルゼンチンでちょっとした老人を見つけたの。天才、ってことよ、まさに。筆遣いは完璧。誰だって騙せたわ。
S : Mmm.
  ふん
W : Well, nearly anyone.
  ああ、殆ど誰でも

・こんなところで自己顕示せんでもええやんかシャーロックw 可愛いのうww

W : But I didn't know how to go about convincing the world the picture was genuine. It was just an idea. A spark which he blew into a flame.
  けど、私には、どうやって世間に絵が正真正銘の本物だと信用させればいいのか判らなかった。只の思いつきだった。ひらめきは彼が燃え上がらせたのよ
S : Who?
  誰?
W : I don't know. It's true! It took a long time, but eventually I was… put in touch with people. His people… Well, there was never any real contact. Just messages… whispers.
  知らないわ。本当よ!この件には随分時間をかけたけど、結局のところ私は…部下と関わっただけだった。彼の部下よ…。ええ、実際に会ったことは全くないの。伝言だけ… 囁き声の。
S : And did those whispers have a name?
  そして…その囁き声には名前がありましたね?
W : Moriarty.
  モリアーティ

・このシーン、カメラはほぼ固定で、前景にレストレードの横顔、中景に女オーナー、後ろにシャーロック、の配置も全く固定、で、ただ、視線のやりとり、顔の向き、それとフォーカスのみで表現してるんだけど、緊張感がすごく伝わって来る。フォーカスされている部分以外のボケ味で表現される奥行き感がハンパない。


<計画書の行方>
(バターシー駅の線路内)
J : So this is where West was found?
  じゃあ、ここがウェストの見つかった場所?
♂ : Yeah.
  そうだ

・ジョンはひとりでお使い状態w

♂ : Are you going to be long?
  長くかかるかい?
J : I might be.
  たぶんね
♂ : Are you the police, then?
  そんで、あんた警察?
J : Sort of.
  そんなものだ
♂ : I hate 'em.
  俺ゃ奴らが大嫌ぇだ
J : The police.
  警察が?
♂ : No, jumpers. People who chuck 'emselves in front of train. Selfish bastards.
  ちゃうよ、飛び込みだよ。自分で自分を電車の前にほり投げやがる奴。自分勝手なクソ野郎だ
J : Well, that's one way of looking at it.
  ああ、そういう見方もあるな
♂ : I mean it. It's all right for them, It's over in a split second, strawberry jam all over the lines. What about the drivers, eh? They've got to live with it, haven't they?
  マジだぞ。奴らにゃそれでいいだろうよ、あっという間に終わりだ、イチゴジャムを線路中にぶちまけてな。運転手はどうするよ、え?これでおまんま喰ってんだぞ、なあ?
J : Yeah, speaking of strawberry jam, there's no blood on the line. Has it been cleaned off?
  ああ、イチゴジャムって言えば、線路に血がついてないな。洗い流したのか?
♂ : No, there wasn't that much.
  いんや、そんなに血は出てなかった
J : You said his head was smashed in.
  頭が割れてたって言ったよな
♂ : It was, but there wasn't much blood.
  ああ、だけどそんなに血は出てなかった
J : OK…
  なるほど…
♂ : Well, I'll leave you to it, then. Just give us a shout when you're off.
  んじゃ、俺ぁもう行くわ。帰るときゃ、おらんでくれたらいいからな
J : Right.
  わかった

・最初このシリーズを見始めたとき、ジョンの台詞が聞き取り難いとか思ってたけど、とんでもねえなw このおっちゃんの台詞ほとんど聞き取れんwww

J : Right, so, Andrew West… got on the train somewhere. Or did he? There was no ticket on the body. How did he end up here?
  いいだろう、さて、アンドリュー・ウェストは…何処かから電車に乗った…のか?死体に乗車券はなかった。どうやってここで死んだんだ?
(ポイントが音を起てて作動する)
S : The points.
  それがポイントだ
J : Yes!
  なっ…!
(突然後ろから声をかけられて飛び上がるジョンw)
S : I knew you've get there eventually. West wasn't killed here, that's why there was so little blood.
  君がいずれはそこに辿り着くだろうと判ってたよ。ウェストはここで殺されたのではない、それがあまりにも少量の血液しか残されていない理由だ
J : How long have you been following me?
  いつから俺の後を追ってたんだ?
S : Since the start. You don't think I'd give up on a case like this just to spite my brother, do you? Come on, we've got a bit of burglary to do.
  始めから。僕が兄への嫌がらせでこんなふうに事件を投げ出すとは思ってない、だろう?行こう、ちょっと押し込みまがいのことをしなければ

(住宅街を歩くふたり)
S : Missile defense plans haven't left the country, otherwise Mycroft's people would have heard about it. Despite what people think, we do still have a secret service.
  ミサイル防衛計画書は国外には出ていない。さもなければマイクロフトの部下たちが聞き及んでいるだろう。世間がなんと思おうが、我が国には未だに諜報部が存在する。
J : Yeah, I know, I've met them.
  ああ、知ってる、会ったことあるよ
S : Which means whoever stole the memory stick can't sell it or doesn't know what to do with it. My money's on the latter.
  その意味するところはメモリースティックを盗んだ者が誰であれ、それを売ることは出来ない、とうことだ。もしくはそれをどうすればいいのか判らないのか。僕は後者に賭ける
(1件のフラットへ…)
S : We're here.
  ここだ
J : Where?
  どこだって?
(ドアをピッキングしようとするシャーロックに)
J : Sherlock! What if there's someone in?
  シャーロック!誰か居たらどうするんだ?
S : There isn't.
  居ないよ
J : Jesus… Where are we?
  まったくもう… ここ何処なんだ?
S : Oh, sorry, didn't I say? Joe Harrison's flat.
  ああ、すまない、言ってなかった?ジョー・ハリソンのフラットだ
J : Joe… ?
 ジョー…?
S : Brother of West's fiancee. He stole the memory stick, killed his prospective brother-in-law.
  ウエストの婚約者の兄だ。彼がメモリースティックを盗んだんだ、未来の義弟を殺して
(窓枠に血痕)
J : Then why did he do it?
  じゃあ、なんで奴はそんなことを?
(鍵を開ける音)
S : Let's ask him.
  聞いてみよう

・後ろ腰からシグを抜いて、そっと階段に近づき、気付いてとっさに自転車を投げつけようとするジョーにぴたりとポイントするジョンv
・今回シグの出番多くて嬉しいわw

J : Don't! Don't.
  やめろ!動くな

(ソファに座るジョー)
Joe : He wasn't meant to… What's Lucy gonna say? Jesus.
  そんなつもりじゃなかったんだ… ルーシーがなんて云うか… 畜生…
J : Why did you kill him?
  なんで彼を殺した?
Joe : It was an accident. I swear it was.
  あれは事故だったんだ。嘘じゃない
S : But stealing the plans for the missile defense program wasn't an accident, was it?
  しかしミサイル防衛計画の計画書の窃盗は、事故ではない。そうだね?
Joe : I started dealing drugs. I mean, the bike thing's a great cover, right? I don't know how it started. I just got out of my depth. I owed people thousands. Serious people. Then at Westie's engagement do, he starts tolling about his job. I mean, usually, he's so careful. But that night, after a few pints, he really opened up. He told me about these missile plans. Beyond top secret. He showed me the memory stick, he waved it in front of me. You hear about these things getting lost. ending up on rubbish tips and whatnot. But there it was. And I thought… Well, I thought it could be worth a fortune. It was pretty easy to get the things off him, he was so plastered. Next time I saw him, I could tell by the look on his face that he knew.
  俺はヤクの取引に手を染めちまって… 自転車ってのはいい隠れ蓑だ、そうだろ?なんでそうなったのか判らん。気付いたときにゃどっぷりだ。奴らに借金がかさんじまって…ヤバい奴らに。で、ウェスティの婚約パーティの時だ、あいつ、自分の仕事のことを喋り始めた。つまり、いつもは、あいつ、すげえ用心深かった。ところがあの夜は、数杯飲んだ後、やたらと喋りだしたんだ。俺にミサイル計画書のことを話した。とんでもねえトップシークレットだ、って。あいつは俺にメモリースティックを見せた。俺の目の前で降ってみせたんだ。あんたら、あれが無くなったって聞いてるんだろ。結局、しょうもないもんなんだろうな。けど、あれはそこにあって、で、俺は… そう、俺は、大金になると思ったんだ。あれをあいつからくすねるのは簡単だったよ、あいつもうベロベロに酔っぱらってたからな。次にあいつにあった時、俺はあいつの顔を見て、ばれた、と判った。
(階段の上で口論するジョーとウェスティ)
J : What happened?
  何があった?
(ウェスティを階段から突き落とすジョー)
Joe : I was going to call an ambulance, but it was too late. I just didn't have a clue what to do. So I dragged him on 'ere. I just sat in the dark, thinking.
  救急車を呼ぼうと思ったんだが、もう手遅れだった。その時はどうすりゃいいのか判らなかった。だからあいつをここまで引きずって来たんだ。俺は暗闇の中に座って、考えた。
S : When a neat little idea popped into your head.
  その時、巧妙なちょっとしたアイディアが浮かんだ
(窓の真下に停車した電車の屋根にウェスティの死体を乗せるジョー)
S : Carrying Andrew West way away from here. His body would have gone on for ages if the train hadn't hit a stretch of track with curves.
  アンドリュー・ウェストはどんどん遠くへ運ばれていった。もし電車があのカーブに差し掛からなかったら、死体は長時間運ばれていただろう
J : And point.
  それとポイント切り替え
S : Exactly.
  その通り
J : Do you still have it, then - the memory stick?
  じゃあまだ持ってるんだな、あのメモリースティック
(うなづくジョー)
S : Fetch it for me, if you wouldn't mind.
  取って来てくれないか、もしよければ
(立ち上がって取りに行くジョー)
S : Distraction over - the game continues.
  閑話休題、ゲーム続行
J : Maybe that's over, too. We've heard nothing from the bomber.
  そっちも終わりだろ。爆破犯からなんの連絡も無いじゃないか
S : Five pips, remember, John. It's a countdown. We've only had four.
  5粒の種だよ、思い出せ、ジョン。カウントダウンだ。まだ4つだ


<深夜のプールサイド>
(221B)
・コート着たままTV見てるしwww

S : No, no, no! Course he's not the boy's father. Look at the turn-ups on his jeans!
  違う違う、違ぁーう!もちろん彼はその少年の父親じゃない。ジーンズの折り返しを見ろ!

・シャーロックの頭ぴこぴこはイライラしたときの癖か?www

J : I knew it was dangerous.
  キケンな兆候だな
S : Hm?
  ん?
J : Getting you into crap telly.
  君がくだらんTVに熱中するとは
S : Not a patch on Connie Prince.
  コニー・プリンスとは比べ物にならんね

・ジョンがぽちぽち人差し指で入力してるのが妙におっさんくさいwww

J : Have you given Mycroft the memory stick yet?
  もうマイクロフトにメモリースティック渡したのか?
S : Yep. He was over the moon. Threatened me with a knighthood… again.
  ああ。大喜びしてたよ。…騎士道で僕を脅して…まただ
J : You know, I'm still waiting.
  あのさ、待ってるんだけどな
S : Hm?
  ん?

・ジョンはさ、シャーロックに「え?」って言わすこと多いよなwww しかも微妙に勘違いされかねない台詞を微妙に勘違いされかねない声音でwww やっぱ無意識にタラシなんだろうかwww

J : For you to admit that a little knowledge of the solar system and you'd have cleared up the fake painting a lot quicker.
  君が、少しでも太陽系に関する知識があればあの贋作を見破るのがもっと早かった、って認めるのをね
S : It didn't do you any good, did it?
  君だってそれを役立てることは出来なかったよね?  
J : No, but I'm mot the world's only consulting detective.
  ああ、でも俺は世界で唯一の顧問探偵じゃないからな
S : True.
  確かに
J : I won't be in for tea. I'm going to Sarah's. There's still some of that risotto left in the fridge.
  腹減ったな… サラんとこ行って来るよ、冷蔵庫にまだリゾットかなんか残ってた筈だから…

・なんも言い訳しながら行くこと無いやんかジョンwww

J : Milk, we need milk.
  あ、牛乳だ、牛乳が要るんだったな
S : I'll get some.
  買っておくよ
J : Really?
  マジかよ?
S : Really.
  マジだよ
J : And some beans, then?
  じゃあ…豆も?
S : Mm,
  うん

・これでジョンは今夜はサラんとこでゆっくりしてくるだろう、と思った訳だな…
・ジョンの頭に浮かんだ「買い物するシャーロック」の図を見てみたいwww

・ジョンが出て行くや否や、フォーラムに爆破犯を呼び出すメッセージを書き込むシャーロック…

(真夜中、無人のプールサイド)
S : Bought you a little getting-to-know-you present. That's what it's all been for, isn't it? All your little puzzles, making me dance. All to distract me from this.
  ちょっとしたご挨拶の贈り物を買って来たよ。全てはこれの為だったんだろう?全てのパズル、僕をその気にさせて。全てはこれから僕の目をそらす為だった…
(ドアの音…通路から現れたのは…)
J : Evening.
  こんばんは

・シャーロックの表情… 

J : This is a turn-up, isn't it, Sherlock?
  どんでん返しだろう、シャーロック?
S : John! What the hell… ?
  ジョン!何故…
J : Bet you never saw this coming.
  こんなことは起こらないとタカを括ってたね
(コートの前を開けるジョン…セムテックスにポイントされるレーザーポインタ)
J : What… would you like me to make him say… next?
  次に…彼に…何を言わせて欲しいかい?

・第1話、第2話で「ジョンはモラン大佐では」という伏線を幾つも張ってあるので、正典を知っていた人間はおそらくここで多少なりとも疑った。よね。 じゃあシャーロックはどうなんだろう。彼はジョンを疑っただろうか?それともその瞬間に、気付いていたか?疑ったのはTVのこっち側だけ、だよな。多分、シャーロックの選択肢には最初から「ジョンを疑う」ってのは含まれてない
・ジョンが必要以上に落ち着いてるのがまた余計に疑惑を助長するwww

J : Gottle o' gear, gottle o' gear. gottle o' gear.
  
・Gottle o' gear は未熟な腹話術師が「Bottle of beer」と言おうとして失敗している様子を表す、らしい。だからこのシーン、ジョンは腹話術師の人形のような仕草をしてる、んだな。破裂音が発音出来ないので、こうなる、ということのようなので、無理に日本語に訳すとしたら、「ビールひと瓶」が「ひーるひとひん」になるような感じ、かな…日本の腹話術の常套句って何かあったっけ?「ボク、ジム・ワトスン」とか名前を繰り返す、か?
・アルバムのタイトルになるくらいなので、英語圏ではGottle o' gear=腹話術、ってのは、当たり前のことなんだろうか…

参照:wiki; Gottle O' Geer (←字幕のとちょっと綴りが違うが意味的には同じだと思う)

S : Stop it.
  止めろ
J : Nice touch, this. The pool. where little Carl dies. I stopped him. I can stop John Watson, too. Stop his heart.
  気が利いてるね、プールとは。ちっちゃなカールが死んだ場所。あいつを殺してやった。ジョン・ワトスンも殺せる。心臓を止めて
S : Who are you?
  お前は誰だ?
(ドアが開く…)
♂ : I gave you my number. I thought you might call. Is that a British Army Browning L9A1 in your pocket, or are you just pleased to see me?
  携帯の番号を渡したじゃないか…電話して来ると思ってたのに…ブローニングL9A1をポケットに隠し持ってるのかい?それとも只挨拶に来ただけ?

・それブローニングL9A1ちゃう、シグP226R(L106A1)やw
・もともと英国陸軍の正規のハンドガンはブローニング、シグはSASにしか支給がなかった筈なんですが、どうやらアフガン派兵の際にはシグが支給されたらしいです…
・因にジョンが銃を持っているのは退役軍人とは云え普通なら違法所持だそうですw だからなんなんだよジョンよ、お前は…w

S : Both.
  両方だ

・シグを構えるシャーロック…あんま様になってないなあw

♂=JM : Jim Moriarty. Hi. Jim? Jim from the hospital? Oh, did I really make such a fleeting impression? But then, I suppose, that was rather the point.
   ジム・モリアーティだ。やあ。ジム?病院に居たジム?ああ、ほんとにそんな刹那的な印象だったのかな?とは言え、思うんだけど、それはどっちかって言うとボクの得点だよね
(ジョンに視線を投げるシャーロック)
JM : Don't be silly. Someone else is holding the rifle. I don't like getting my hands dirty. I've given you a glimpse, Sherlock, just a teensy glimpse of what I've got going on out there in the big bad world. I'm a specialist, you see. Like you.
  ふざけちゃダメだよ、ライフルで狙ってる奴がいるからね。自分の手を汚すのは嫌いなんだ。ちょっとだけ見せてあげたんだよ、シャーロック、ほんの少〜し、ちらっと、覗かせてあげたんだ、ボクがこの広い酷い世界でやろうとしてることをね。ボクは専門家さ、知ってるだろ。キミみたいにね
S : Dear Jim… please will you fix it for me to get rid of my lover's nasty sister? Dear Jim, please will you fix it for me to disappear to South America?
  親愛なるジム…私の愛人の意地悪な姉を始末する手筈を整えていただけませんか?親愛なるジム、南アメリカへ失踪する手筈を整えてくださいませんか?
JM : Just so.
  そういうこと
S : Consulting criminal. Brilliant.
  顧問犯罪者。素晴らしい
JM : Isn't it?
  だろう?

・シャーロック、銃を構えた腕がそろそろ限界w

JM : No-one ever gets to me. And no-one ever will.
  誰もボクには辿り着かない。これから先もね
S : I did.
  僕が辿り着いた
JM: You've come the closest. Now you're in my way.
  キミは最も近づいた。今ではちょっと邪魔になってる
S : Thank you.
  それはありがとう
JM : Didn't mean it as a compliment.
  賛辞じゃないよ
S : Yes, you did.
  いや、褒めたんだ
JM : Yeah, OK, I did. But the flirting's over, Sherlock. Daddy's had enough now. I've shown you what I can do. I cut loose all those people, all those little problems, even 30 million quid, just to get you to come out and play. So take this as a friendly worming… my dear. Back off. Although I have loved this, this little game of ours. Playing Jim from IT. Playing gay. Did you like the little touch with the underwaear?
  ああ、いいよ、褒めたんだ。さて、いちゃつくのはオシマイだ、シャーロック。パパはもう飽きちゃったよ〜♪ボクに何が出来るか見せてあげた。ボクはあいつら全員を、あのクダラナイ問題全部を、それに3千万ポンドも切り捨てた。ただキミを引っ張り出して遊ぶ為だけにね。だからコレは心からの警告として受け取って欲しいんだ…シンアイなるキミ… 引っ込んでろ でも楽しかったよ、このクダラナイ、ボクらのゲーム。IT会社のジムをやったり、ゲイのふりしたり。あの下着の工夫は気に入ったかな?
S : People have died.
  死人が出てる
JM : That's what people do!
  人ってのは死ぬもんだよ!
S : I will stop you.
  僕がお前を止める
JM : No, you won't.
  出来ないよ
S : Are you all right?
 (ジョンに)大丈夫か?
JM : You can talk, Johnny boy.
  喋れるかい、ジョニー・ボーイ
(シャーロックに頷くジョン)
S : Take it.
  持っていけ(メモリースティックを差し出す)
JM : Mm? Oh… That? The missile plans. Boring! I could got them anywhere.
  ん?ああ… それか?例のミサイル計画書…つまんなぁ〜い♪こんなもの何処ででも手に入れられる
(プールにメモリースティックを投げ込むモリアーティ、突然モリアーティの後ろから組み付くジョン)
J : Sherlock, run!
  シャーロック、逃げろ!
JM : Good! Very good!
  素敵!すっげー素敵!
J : If your sniper pulls that trigger, Mr Moriarty, the we both go up.
  きさまのスナイパーが引き金を引けば、モリアーティ、どちらも吹っ飛ぶぞ
JM : Isn't he sweet? I can see why you like having him around. But then, people do get so sentimental about their pets. They're so touchingly loyal. But oops!
 (シャーロックに)カレって可愛いよねえ?キミがカレを連れて歩きたがるの、判るよ。でもね、ペットに感傷的になり過ぎるのもどうかと思うよ。ペットってのは感動的に忠実だけどね、おっと!
(レーザーポインタ、一瞬消える)
JM : You've rather shown your hand there, Dr Watson.
  むしろココで手の内を見せるべきだったねぇ、ワトスン先生
(シャーロックの額にレーザーポインタ)
JM : Gotcha.
  つっかまっえたっ
(モリアーティから離れるジョン)
JM : Westwood. Do you know what happens if you don't leave me alone, Sherlock? To you?
 (スーツの皺を直しつつ)ウェストウッドなんだぞ。ボクの邪魔をすると何が起こるか判っているよね、シャーロック?君自身に?
S : Oh, let me guess. I get killed.
  ああ、当ててみよう。殺される
JM : Kill you? No, don't be obvious. I mean, I'm going to kill you anyway, some day. I don't want to rush it, though. I'm saving it up for something special. No, no, no, no, no. If you don't stop prying, I'll burn you. I'll burn the heart out of you.
  キミを殺す?ちょっと違う。つまりね、そのうち、どっちにしろボクはキミを殺すよ。でも急ぎはしない。それは特別なお楽しみとして取っておくよ。そうじゃない、違う違う。もし首を突っ込むのを止めないのなら…オマエを燃やしてやる…オマエの心臓を取り出して燃やしてやる
S : I have been reliably informed that I don't have one.
  信頼出来る情報筋によると僕にはハートは無いそうだ
JM : But we both know that's not quite true. Well, I'd better be off. Well, so nice to have had a proper chat.
  でもお互いにそれがホントじゃないって判ってる。 さて、ボクはそろそろ行った方がいいようだね。ちゃんとお話出来てとっても楽しかったよ
S : What if I was to shoot you now? Right now?
  ここで僕が君を撃つと云うのはどうだろう?正に今
JM : Then you could cherish the look of surprise on my face. Cos I'd be surprised, Sherlock. Really, I would. And just a teensy bit… disappointed. And of course, you wouldn't be able to cherish it for very long. Ciao, Sherlock Holmes.
  そしてキミはボクの驚いた顔をいい思い出にできる。なぜって、ボクは驚かされたよ、シャーロック。ほんとに。それから、ほんのちょっと…がっかりした。それに、もちろん、そんなに長い間楽しめる訳が無いけどね。チャオ、シャーロック・ホームズ
S : Catch you… later.
  捕まえてやる…近いうちに
JM : No, you won't!
  出来っこなーいよ♪
(ドアの閉まる音…)
(レーザーポインタの消えたのを確認、慌ててジョンの爆弾を外すシャーロック)
S : All right? Are you all right?
  大丈夫か?大丈夫なのか?
J : Yeah, I'm fine. I'm fine. Sherlock… Sherlock!
  ああ、大丈夫、大丈夫だ、シャーロック… シャーロック!
(コートごとセムテックスを遠くへ滑らせるシャーロック)
・大息ついていたジョンは急に膝かっくんw やっぱ君でも怖かったんかw まあ、セムテックスの威力を知ってる分、怖いわなー
・シャーロックは後方確認か?回りをチェックしてたみたいやね。シグ持ったまま檻の熊さんになっとるw

J : Are you OK?
  大丈夫か?
S : Me? Yeah, fine, I'm fine, Fine
  僕が?ああ、大丈夫。僕は大丈夫だ。問題ない

・あんま大丈夫そうにないぞシャーロックwww つか、なんでジョンがシャーロックを気遣うwww

S : That, er… thing that you… that you did, that, um… you offered to do… that was, um… good.
  さっきの、ええと…さっきの、君の…君のやったのは…あー…君が、やると提案したのは…あれは…うん、よかった

・落ち着けwww そんな緊張してたんかオマエwww
・やっぱりあの頷いたのはそうやったんか〜v やるジョンも理解して受けるシャーロックも、やっぱりお豆の半分のなせる技だなあ

J : I'm glad no-one saw that.
  誰も見てなくてよかった…
S : Mm?
  ん?
J : You ripping my clothes off in a darkened swimming pool. People might talk.
  暗がりのスイミングプールで君が俺の服を剥ぎ取ってるなんてな。絶対なんか言われる
S : They do little else.
  どうせ他の些細なことでも言うよ(にこっ)

・なんなんその「にこっ」はw 認めてるんかオマエはwww
・笑いながら立とうとするジョンの胸に再びレーザーポインタ…

JM : Sorry boys. I'm so changeable!
  ごめんねボクたちぃ〜 ボクってと〜っても気が変わりやすくって!

・問)この時のジム・モリアーティの心境を10文字以内で表せ
 答)リア充爆発しろ!

・ジョンにマイクついたままだしwww 筒抜けwww

JM : It is a weakness with me, but to be fair to misled, it is my only weakness. You can't be allowed to continue. You just can't. I would try to convince you, but everything I have to say has already crossed your mind.
  これがボクの弱点なんだよね〜、まあ、正直言って、唯一の、だけどね☆ キミたちもうこれ以上やってられないよ。もうダメ。キミを説得しようとしてみたんだけどねえ、でも、何もかも、ハナっからキミには判ってた、って言わざるを得ないんだもの

・このおふたりさんのきゃっきゃうふふには「ええかげんにせえよ」と思ってる人は多そうなので、きっと一瞬モリアーティの「You can't be allowed to continue. 」に頷いてしまうことだろう、特にレストレードとかw
・シャーロックにポイントされてるレーザーポインタがぶれ過ぎだしwww 狙撃手しっかり狙えwww

・「ここで一緒に死ぬことになってもいいか」のシャーロックの視線に、躊躇無く、微かにしかし重く頷いて応えるジョン。こういう絆はもう友情とか恋とか愛とかそういうレベルを超えてる。ジョンの見上げる視線が、信頼と慈愛に充ちてるのがいいなあ。シャーロックはほんとにジョンが居て幸せだよなあ

S : Probably my answer has crossed yours.
  おそらく僕の答えも君には判っているだろう…

・振り向き、モリアーティにシグをポイント…ゆっくりと射線を降ろして、未だに生きているセムテックスにポイント…
・暗転?! えっ? 暗転?! これシーズン1最終話やんね?! …ってなったwww 慌ててシーズン2第1話をチェックしたのは言うまでもないwww

・モリアーティがいっそ可哀想になるほどにラブラブなおふたりさんだったよ…orz


・シャーロックの倦怠とモリアーティの渇きは決して同じ場所から来るものじゃない、きっとジョンにもそれは判った、元々判ってたけどいやってほど確認出来た、というか、きっと安心したんじゃないかな、やっぱりシャーロックはシャーロックだ、ってことに
・天から堕ちてまで竜を狩ることに熱中するルシファの末裔と、人の心が欲しくて手に入れられない腹いせにそれを食い散らす形さえ持たない醜い黒い染み、狩るものと狩られるものの間にはもしかするとある種のシンパシーさえあるかもしれない、けどそれは決して相容れない存在であることは間違いない


・コメンタリには英語字幕も無いんだよな…日本版のには字幕がついてるのかなあ?

…シーズン1でさえもうお腹いっぱいなのに、さらにシーズン2に続くよ…www

posted by radwynn at 10:59| 京都 ☁| Comment(6) | +SHERLOCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
最近sherlockにはまった者です。
ここに来て、”Gottle o' gear”の謎が解けて嬉しいです。(日本版DVDには英語字幕がないし、仮に字幕があっても自分には英語力がないので・・・)

シリーズ3まではとても長いですが、それまでスクリプト片手にこれからもこちらで楽しませていただき鯛と思います。ありがとうございました。
Posted by かっぱ at 2012年09月07日 20:23
>かっぱさん

はじめまして、コメントありがとうございますm(_ _)m
この『SHERLOCK』シリーズ、判んない人は置いて行くよ〜なネタが多くて、やたらとウィキペディアさんのお世話になりまくっています…謎が解けると妙に嬉しかったり(笑)
そして日本語版DVDには英語字幕はついていないのですね…ううむ、シーズン3も英国版を購入してしまいそうです(^^;;;
Posted by radwynn at 2012年09月10日 10:34
こんにちは。
ようやく自分のところでも、グレートゲーム訳し終わりましたー。ぜーぜー。
で、こちらで答え合わせ\(^o^)/にまいりました。

でも、いきなりここの「リア充爆発しろ」に目が釘付けに!そっか、そういうことだったのかーーー!
たしかにそうですよね。
Posted by YOKO at 2012年11月14日 20:25
>YOKOさん
こんにちは、コメントありがとうございます。
ちょ、答え合わせって(^^;;; 添削しに来てくださいまし(^^;;; カンチガイなところが多いと思いますので(^^;;;
「リア充爆発しろ!」シーンは、ほんと、ジムさんが気の毒に思えてしまってwww
ジムのシャーロックへの執着も、理解出来ない事は無いので、見てて辛いです。『滝』がなかなか訳せないのも、私の中でジムへの決別がついていないところがあったりする所為です…
Posted by radwynn at 2012年11月15日 10:51
ジムは孤独ですものね。
でも、たくさんの手下がいて(しかもかなり忠実っぽい)人心を操るのもお手のものなのに、それでもやっぱりシャーロックじゃなきゃダメなんでしょうか?かわいそうに・・・

>ちょ、答え合わせって(^^;;; 添削しに来てくださいまし(^^;;; カンチガイなところが多いと思いますので(^^;;;

言葉に甘えて、一箇所。疑問点が・・。
ラストの台詞なんですけどね。

cross one's mind
思い浮かぶ;思い付く;浮ぶ  って辞書にあるので、そっちじゃないかと思うのです。
「私の考えは、言わなくてももうわかってるな」「じゃ、ボクの答えもね。」って感じではないでしょうか?
Posted by YOKO at 2012年11月15日 16:51
×をつける、否定する、の意味のcrossかな、と思って訳してみましたが、そっちでしたか。
ということは、

I would try to convince you, but everything I have to say has already crossed your mind.
君を説得しようと思ったが、君にはなにもかもお見通しだったと言わざるを得ない

Probably my answer has crossed yours.
おそらく僕の考えている事も君にはお見通しだろう

となるんですね。

なんとなく、この2人は否定し合っているほうがお似合いな気がしたんですが、案外お互いに肯定してるんですね〜


Posted by radwynn at 2012年11月15日 17:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。