2011年02月22日

『陰陽師 飛天ノ巻』


■陰陽師 飛天ノ巻
夢枕獏(著)

短編集。
 収録作品:
   □天邪鬼
   □下衆法師
   □陀羅尼仙
   □露と答へて
   □鬼小町
   □桃園の柱の穴より児の手の人を招くこと
   □源博雅堀川橋にて妖しの女と出逢うこと


「露と答へて」の博雅がカワイイ(笑)
こんな可愛い男なら、そりゃ誰だって愛しくて堪らなくなって、ついからかっちまいますって(笑)
『陰陽師』シリーズは、昔話に題材を求めて膨らませる、いわゆる本歌取りになってる話が多いんだけど、「桃園の柱の穴より児の手の人を招くこと」はタイトルがほぼ本歌のままなんで元ネタを探しやすかった。今昔物語集本朝世俗部巻二十七付霊鬼第三「桃園の柱の穴より児の手をさしいだして人を招きし話」。この短い文章をこう膨らませるのかあ、と、感心しきり。
このシリーズ、何度か読み返したら今度は本歌を探す、という楽しみもあったりするんだよね。







鬼小町考察…やや長文です。

「陰陽師・飛天ノ巻」(夢枕獏)の「鬼小町」。能曲に、これと似たものがあったはず。「陰陽師」は、古典から題材を得て発想した、いわば本歌取りの物語なので、本歌があることに驚くわけではないのだ が、「鬼小町」の場合はそれが『能』であることに、興味をそそられた。

『鬼小町』
老法師の住まう破れ寺に、夜な夜な妖しい老女が訪れる。これは物の怪に相違ない、と、法師は、陰陽師・安倍晴明に助けを求める。晴明によって正体を暴かれた老女は、小野小町の亡霊だった。絶世の美女と歌われ、男の心を惑わした小町も、歳経て美貌は失われ、老いさらばえた身で昔を想いながら死んだのが、桜の老木の下であるという。老女が昔を語りつつ舞うと、その姿は美しい女となる、と、見るや、元の老婆の姿に戻り−−小町に取り憑いた深草の少将の怨霊が顕われる。
深草の少将とは、小野小町に恋い焦がれた男の一人で、小町の「百夜の間通って来れば、その思いを遂げさせてあげましょう」という戯れにも近い言葉を信じ、九十九夜通って、あと一夜という日に、病を発して死んだという報われぬ男である。
小町の霊と少将の怨霊は、今は一 匹の鬼となって激しく恨みを述べながら狂ったように舞い続ける−−桜吹雪の降りしきる中で−−

この話の筋立ては、能の『卒塔婆小町』にほぼ沿っている。

『卒塔婆小町』
乞食同然の老いた小野小町が昔を語り、美しかった昔を追憶し今の零落の身を嘆き、そして突然に深草の少将の怨霊が乗り移り、少将の怨霊は、生前の百夜通いを繰り返す−−

『鬼小町』は、筋立てだけを採ってみれば『卒塔婆小町』の本歌取りにほかならないのだが。
ひっかかったのは、鬼の浅ましく狂おしい妄執と、晴明の、
 「救えぬのだ、博雅…」
という台詞。そしてその台詞を口にする晴明の苦悩と愛情。
これは、『卒塔婆小町』の持つ諦観とは少し趣を異にするような気がする。
この鬼の物狂いによく似た能曲を、確かに見た覚えがある。頭の中に引っ掛かっている‘妄執’というキ ーワードで、探し当てたのが、『定家』である。

『定家』
蔦葛に絡まれた墓の前に顕われた老女が、僧に身の上を語る。老女は、式子内親王の亡霊で、生前、藤原定家との成就せぬ恋に焦がれた末に、今は定家の妄執の蔦葛に絡め捕られ、成仏することも出来ぬと嘆き、仏の功徳で救ってくれと願う。僧が読経すると、女が舞姫の姿で表れ、功徳により蔦の呪縛より逃れることが出来たと喜んで舞う。が、夜明けと共に女が墓に消えると、再び蔦葛がその墓を覆う。定家の妄執の呪縛は、消えていなかったのである−−

この『定家』、舞姫の姿の舞いを、若い娘と化して舞う解釈の他に、老女のままで舞う解釈もあるという。私が見たのは、老女で舞う『定家』だった。よろよろとおぼつかない足取りで、しかし、まるで娘のように恥じらいながら舞うのである。これ程に悲しく醜く、そして残酷でエロティックな話があるだろうか。
女は救われたいとなど、思っていない。嘆きつつも、これ程までに定家に愛された己を、誇らしく、また、それ程までに己を愛した定家を、愛しく思っているである。仏教観念からいえば、成仏できぬという地獄の苦しみの中に於いてなお、情念の愉悦に身を焦がして、女は、舞うのである。来世のない宿業の地獄の中で男と女が悶え苦しみながら愛しあっているのである。 これ程までに深い業と愛情に満ちた恐ろしく哀しい話を、私は知らない。
そしてこれこそが、『鬼小町』の本題なのでは、と私は思っている。





posted by radwynn at 12:52| 京都 ☀| Comment(0) | Book | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。